“好き”に囲まれて暮らすストレスフリーな家 (四国中央市 S様邸)

きっかけは「構造見学会」でした


咲蔵工房と出会うきっかけとなったのは構造見学会。
当時、家を立てる予定はありませんでしたが、営業さんのお話を聞いて家づくりの概念を覆されました。
「構造見学会」という言葉すら知らなかったので、作りかけの状態を見せるということに、まずは衝撃。
そして、色々お話を聞くうちにその理念に共感していきました。

標準装備がすごい


低燃費住宅は標準装備が充実しています。
トリプルサッシや漆喰壁などが標準ということを聞き、驚きました。
メンテナンスいらずで、年中エアコン1台で十分。
長い目で見るとランニングコストがかからないことも魅力でした。

 

低燃費住宅の理念に共感

構造見学会にお邪魔してから、低燃費住宅に興味を持ち、モデルハウスへの宿泊や代表の話を聞きに行きました。
知れば知るほど、その理念に共感。自分たちのことだけではなく、環境や未来の子どもたちのことも見据えた理念。
「壮大な計画に乗っかっているような感じ」で咲蔵工房に家づくりを託すことに決めました。

光熱費が1万円を切りました

家のテーマは「好きなものに囲まれて暮らす」。好きなもの以外は置かず、収納も最小限に。
調湿機能のあるセルロースファイバーと漆喰壁のおかげで年中快適に過ごせています。
トイレや脱衣所の温度も一定だから、どこに居ても心地いいです。
そして何より!光熱費が1万円下がったのも嬉しかったです。
家族が笑顔で過ごせてストレスフリー。
とてもいい家づくりができたと思います。

▼愛媛の家でも掲載しています。
https://ie.sumaiz.jp/house/C3819101H1700002/info

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

資料請求/お問い合わせはこちら

資料請求/お問い合わせはこちら