男前インテリアが似合う家

こんにちわ。
咲蔵工房、広報係・大木です。

見学会ラッシュも落ち着き、ひと段落!

ここで改めて、
7月に完全予約制で開催したヒミツの見学会SHI様邸のご紹介をさせていただこうと思います。

見学会中、お邪魔させていただいたのですが・・・
それはそれは素敵なお家でした!

主観たっぷりにご紹介させていただきます。

インテリアのコンセプトは、
◎ブルックリン風
◎塩系・男前
◎カッコイイ感のある空間!

中に入ると、言葉通り
男前な空間が広がっていました。

床材はいつもの栗無垢フローリングではなく、木目の美しいアカシアの無垢フローリング。
オイル仕上げでは無いので、テカリがなく素材感が抜群です。

壁掛けテレビでスペースを確保。
D・I・Yファンに大人気のOSBボードの壁が、アクセントになっています。

こんなところにまでこだわります。
リモコンニッチ。

ヘリンボーン貼で、実用性のあるスペースもオシャレに。

キッチンには、オシャレなブロック積風壁材のカウンター。

背面にも、小物を置くのに便利なカウンターを用意しています。
レンガ風のタイルを置いて雰囲気バツグン。

キッチンの隣にはダイニングテーブル。
床をよーく見ると、一部分だけ模様が付いています。

これは、気づいたらテンション上がりました!!!
どこまでこだわってるの〜〜〜
素晴らしい!!!

照明の一つ一つにもこだわりを感じます。

トイレのドアも美しい!!

屋根裏収納もありました。
どこを見ても完璧にカッコイイお家でした!

こうやって、施主様の想いを形にしていくには
施主様と設計士のすり合わせが必要です。

今回、設計を担当した吉田さんは
いつも手書きスケッチを用いて、すり合わせを行なっていきます。

何を隠そう、わたしは吉田さんの手書きスケッチのファンです。

自分想いがこうやって形になって出てくるとうれしいですよね。
プロのアイディアがたっぷり詰まった手書きスケッチ。
宝物になると思います。

ちなみに、この観葉植物置き場は吉田さんの手作り。

こちらの小物は、見学会用に吉田さんが用意した
通称「吉田小物」です。

センスあります。

吉田さんの他にも、咲蔵工房にはたくさんのナイスキャラなスタッフさんがいらっしゃいます。私は、影なる広報としてそれぞれのキャラをご紹介していきたいな〜と思っています^ー^

これからブログでご紹介していきますので、是非是非見てくださいね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

資料請求/お問い合わせはこちら

資料請求/お問い合わせはこちら